24鞍目 〜あわや落馬!?
2018年03月22日

24鞍目 〜あわや落馬!?

まいど! つきいち Riderです🎠

お馬さんは夏の暑さよりも、冬の寒さの方が得意だそうです。
冬毛もっふもふで、確かに冬でもあったかそう


突然ですが、野比のび太くんは斯く言いました。。。
「寒い時はたくさん着ればいいだろ? でも暑い時は裸になったって暑いんだ💢」

寒の戻りに翻弄されているこの頃ですが、夏は裸の馬にも、着衣の人間にも厳しいもの、
この気まぐれのような寒さも、少し楽しんで過ごしてみましょうかね。。。

では、ぼちぼちといってみましょー


(●・ω・)ノ------------start------------


その時事件は起きた💣


今回の相棒のスリーカラー先生は、馬場ではとってもお利口さんです。働き者✨
2018-01-25 13.21.52.jpg

でも馬はもともと繊細で臆病な草食動物でして、聞き慣れない物音などにびびります
仕事どころじゃなくなります

今回のレッスンで同じクラスになったお馬さんが、突如前脚をあげ今にも走りそうになりました。
乗っていた人はなんとかバランスをとって落馬こそしなかったものの、とても怖かったと思います。


原因は、雪はねの音💥
どうも、スコップと地面が「ががが〰〰〰」っと擦れる音が怖かったようなのです。

人間からしたら、プラスチックのスコップとアスファルトが擦れているのだから、
そんな音がするのは当然であって、何も感じません。

でも、馬には何の音だかわからないので、逃げたくなるほど怖かったんでしょうね。

思いもよらぬことが原因で不意にコントロールが効かなくなることを、思い知らされました。

馬から振り落とされそうになったら。。。


馬が暴れそうになったので、先生が無線で雪はねをやめてもらうように指示しました。

おかげで不穏な物音はなくなって、いつも通りレッスンが続きました

ここで先生が、落馬しない方法を話し始めました。転んでもただでは起きない


馬から落ちる時、ほとんどの場合、前に落ちるそうです。
前のめりになって、踏ん張れずにそのまま転がり落ちるイメージかしら…??

なので「あわわっ💦」となったら、馬にしがみついて前のめりになるのは、
余計に落ちやすくなって逆効果なのだそう

とっさの時にはきっと私も馬にしがみつこうとしてしまいそうですが、
前のめり厳禁を、頭の片隅に置いておきたいと思います💡


手前合わせの自動車理論


最後に、今回のレッスンでは、手前合わせについてのお話も聞けました👀

手前合わせをする理由は以前にも書いていました📝
その時の記事では、
 カーブをスピードが出た状態で曲がる時、内側に重心がかたよるので内側の脚に力がかかる
 ↘内側にかかる力を受け止めるのは、力のある後ろ脚の方が馬にとって負担が少ない
 ↘なので、内側の後ろ脚が地面を踏んでいるときに、人も馬の背中に着地してるとよい✌
とのロジックを紹介させてもらいました

今回の「手前合わせ、大事✋」ロジック


この時の先生は手前合わせが必要な理由を「自動車の内輪差」で説明してくれました。斬新

内輪差= 4輪ないしそれ以上の車輪を持つ車両がカーブを曲がる際に、
     回転中心側(=内輪)の前輪と後輪が描く円弧の半径に生じる差のこと。
     または、そのような差が生じる現象のことも指す。
 by wikipedia
まぁ、馬は4本足で走っているので4輪みたいなものなのかもですね(笑)


今回のお話では……
👠 車では生じてしまう内輪差を馬の脚は打ち消そうとする ←NEW‼
 (馬体に対して内側に踏み込んでしまうということ??)
👠 なので、円の内側になっている後肢に負担がかかってしまう ←ここは前の時と一緒
👠 なお、前肢と後肢は、斜め同士(対角線同士)でリンクしている ←これもNEW‼
👠 なので、右前脚が浮いている時に、人間も浮いておいてあげましょう✨ とのこと‼


うん、何だかよくわかんないけど分かった(笑)

説明の仕方には先生の個性が表れますなぁ


ブログランキングに参加しています ポチッと応援、お願いします



↓↓↓日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】
posted by つきいち Rider at 06:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 乗馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください