2018年05月08日

初夏の楽しみ

まいど! つきいち Riderです🎠

突然なんですけど、2018年の今年って3月、4月ありましたっけ??
ってくらい、毎日が泡立たしい。。。じゃなくて慌ただしい… (๑′௰‵๑)

お仕事的には年度末とかのカレンダーに左右される業種じゃないので、
年度末、年度始めを乗り越えたからと言って落ち着くかと言われたらそんな保証は全くなく(๑′௰‵๑)

5月はちゃんと存在するといいなぁw (˶‾᷄﹃‾᷅˵)

では、今日も張り切っていってみましょー


(●・ω・)ノ------------start------------


みーかんーのはーながー


今年も元気に咲いてくれました(๑′௰‵๑)
ま、厳密にはうちの子は「四季なりレモン」またの名を「カラマンシー」と言って、
シークワーサーの仲間みたいなんですけどね(・∀・。)

2018-04-28 18.20.49.jpg

ミカンの花も、白いお花でこんな感じなので、歌くらい歌ってもよかろうw


この冬、いくつかの葉っぱが茶色になって木が弱っているんじゃないかな。。。と、
たくさんつけっぱなしにしていた実を収穫したり、追肥をしたりしていました。

その後、すでに茶色くなってしまった子はその後も茶色化が進んだので、
「葉を枯らすのにもエネルギーがいる」と何かでみたのでもぎとりました(乱暴

茶色化が始まっていなかった葉や、すこーしだけしか茶色くなっていなかった葉は
なんとか持ちこたえてくれました( •̀ .̫ •́ )✧ 対策が奏功したのかな??


同じ失敗はしないっ!(๑•̀д•́๑)


なんとか今年の春にも無事にお花をつけてくれた四季なりレモン (*´ー`)
しかしみなさんお気づきでしょうか?? えらいまぁ、たくさん花が咲きました。

そんなわけで、木を弱らせないためにも摘花をしてあげたいと思います( •̀ .̫ •́ )✧


というか、なんでこんなに全力なんでしょうか。。。?

自分が弱らない程度の個数の花にすればいいものを、
「咲けるだけ咲かせちゃるーーーー」の意気込みハンパないΣ(●゚д゚●)

それはそれで、立派な姿勢ですが、私は細く長く生きますね (・∀・。)←自然から学ばないw

私なりの摘花


さて、全開フルパワーを抑えるべく、お花を切っていきましょう!

さすがにここでは、ハサミを使ってお花をひとつひとつ切っていきます。

無理くりもいで、残しておきたかった花にダメージが残っても困りますし、
お花が咲くところは新しく出た芽の部分が多いので、
新芽そのものへのダメージも避けたいので (•̀ᴗ•́)و ̑̑

2018-04-28 18.21.02.jpg


重点的に摘花したいのはこうゆうところ。
何個も咲いていて「あ、こりゃエネルギーいっぱい使ってるね」って分かりやすいですね(・∀・。)


私は、こんな感じの部分は1つだけ花を残して他は摘むようにしています。
この写真では実が一足お先についていたので、悩みに悩んで、花は全部摘みました(´Д`)


きっときちんと調べたら「葉っぱ何枚で実1つになるように〜」とかあるんでしょうけどね。
数えてらんないので、雰囲気でやっております(๑′௰‵๑) ←だから葉が茶色になるのでは…?


あとは追肥をして、愛でるのみ (๑′௰‵๑)

初夏には、ちいちゃな濃いグリーンの実がついてくれることでしょう( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛
可愛らしさの中にも強い生命力を感じさせてくれる実です(๑′௰‵๑)


では短いけれど、今日はこの辺で〜



゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚ ゚*。,

うちの四季なりレモンはここで購入しました(・∀・。)
2015年3月に我が家に来て丸3年、毎年花と実をつけて楽しませてくれます(๑′௰‵๑)

四季橘『カラマンシー』15cmポット接木苗

価格:2,580円
(2018/1/20 12:37時点)
感想(68件)




ブログランキングに参加しています ポチッと応援、お願いします

posted by つきいち Rider at 07:38| 大阪 ☁| Comment(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月10日

25鞍目 〜強いノリ〜

まいど! つきいち Riderです🎠

1つ前の記事「今年のお彼岸は〜」なんて書いていましたが、
あたためてるうちに4月の投稿になっちゃってましたね… (||゚Д゚)

子供の卒・入学やら、私自身の仕事の多忙やら何やらで更新が遠のいてしまって(๑-﹏-๑)

仕事は相変わらずですが、子供のなんやかんやは無事終わりつつあるので、
気合いを入れ直して、今日もぼちぼちといってみましょー ( ´͈ ᗨ `͈ )◞


(●・ω・)ノ------------start------------

正反撞2⃣


正反撞の練習はこれで2回目!(・∀・。)

1回目はなかなか手応えのあるレッスンでしたが、果たして今回はどうでしょう!?

正反撞って??という方は、上のリンクから別記事にいってらっしゃいませー(๑′௰‵๑)

今日の挑戦


正反撞のレッスンの常套手段なのでしょうか??

先生の言う適切な乗り方で乗ってみる → ダメな方法で乗ってみる → つらーーいΣ(゚∀。;)
ってゆうながれ(笑)

今回は…
「正反撞はお尻の後ろの方で乗ってくださいね。後ろ重心ですよ〜」

とのアドバイスをもらいました。
ふむふむ、揺れはするけど、まぁ乗れなくないね。上々だわ✨(•̀ᴗ•́)و ̑̑

「前に重心が来るとぽんぽん跳ねるんですよ〜。試しに少しやってみて〜」

おほっ💦
うはっっ💦
ちょちょちょっっ💦💦

このくだり、前にもやったわー(笑) Σ(●゚д゚●)

後ろ体重を保つ方法


おーけーおーけー、体重は後ろね。( ´_ゝ`)
それはどうやってするんだい?ランディー(誰)。(; ´_ゝ`)

先生によりますと、膝を伸ばして足を前の方に伸ばすと後ろ体重を保てるとのことです。

そうね、わかる気がする。こゆことですね。
animal_uma.png

お尻を中心に、足を前にするとバランスを取るために自然に後ろ体重になるね!( •̀ .̫ •́ )

正反撞のメリット


正反撞の練習を一所懸命しながら、なんで正反撞が必要なのかを聞きました(•̀ᴗ•́)

もう一つの速歩の時の乗り方「軽速歩」は、立ったり座ったりして揺れを逃しました。
馬や人への負担が少ない乗り方ですね。( ´͈ ᗨ `͈ )

翻って正反撞は揺れを上手に逃す技を身につけるのが難しいです…が、
「乗りが強くなる」とのことです✨✨

ずーーーっと座っているので、脚の扶助をいつでも、しっかり馬に伝えられるのが、
正反撞のメリットとのことです💡(・∀・。)

座ってするもの


脚の扶助は座った時にするもの、です。
軽速歩の時でさえ、脚の扶助を出す時には一瞬の座った隙に出します( •̀ .̫ •́ )✧

突然ですが私、軽速歩の時の脚の扶助を出すの、結構好きなタイプでして(๑′௰‵๑)
座ったタイミングでうまいこと扶助を出せた時の「できた感」がっ✨✨✨

でもですねぇ、やはり座りっぱなしの正反撞だと、もっとぐいぐい扶助を出せるので、
これから駈歩などレベルアップを目指していくのでしたら、
乗りの強い正反撞は必須になってくるとのこと💥

こりゃ、お尻の負担と相談しながら、これからも練習していかにゃですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

ブログランキングに参加しています😃 ポチッと応援、お願いします(˶‾᷄﹃‾᷅˵)



↓↓↓日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】

posted by つきいち Rider at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 乗馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月07日

25鞍目 〜初! 斜め手前変換〜

まいど! つきいち Riderです🎠

2018年の春のお彼岸は雨続きでした☔☔☔

天然パーマのつきいちにとって、湿気は大敵でございます。
こんな日は仕事もお休みしたいものです

ばりばり稼いでお馬さんに貢がないといけませんので、そうも言っていられませんがね

では、今日もぼちぼちといってみましょー


(●・ω・)ノ------------start------------


本日2鞍目のレッスン、相棒はラポルタ先生でした💋
2018-01-25 15.42.09.jpg

ラポルタ先生も、かねてよりご紹介の通り噛み癖BOYの一人でございます

今回で3回目のラポルタ先生の騎乗でした✨

今回もあまり噛む様子もなく、思う存分なでなでして馬味(うまみ)を補給させてもらいました

実は私と相性いいのかな?? そうだったら嬉しいな〜

本日の初めてチャレンジ


今回のレッスンでは、初めてのレッスンをしました。
端的に言うと「ザ・はんたいまわり」

いつもは、反時計回り、体の左側を内側にして馬に歩いてもらっています
…が、今日は初めての時計回り❗❗

自分の体で動くのとは違って、なんだかすごーーーく変な感じでした(笑)

反対周りまでの道のり


反対周りにするためには、別に初めからいつもと反対向きに馬場に入るわけではありません。
始まりはいつも通りでした。

このレッスンでは途中で先生が、馬場のコースをこんな風に変えたのです。

てまえ.png
 ↑がんばってお絵かきソフトで描いてみた

青色の矢印が、いつもの反時計回りを表しています。

途中で、緑の内ラチのコースに沿ってコースを変えてやると……
ピンク色の時計回りに変わります!

で、先生がこの一連のながれを「斜め手前変換」と言ってた気がします。

なんで「斜め手前変換」ってゆうの?


たぶん…ですが

斜めのコースどりだから「斜め」?
じゃあ、手前変換って???

説明しよう‼ (・∀・。)
手前(てまえ)とは、馬術における馬の歩法の中で各肢の動きの順の左右の違いのことである。 左右の肢のうち遅れて着地する肢を手前肢といい、右肢が手前の場合を右手前、左肢が手前の場合を左手前という。
From Wikipedia

とのこと。

私のブログでも何度か触れてる、軽速歩をする時の「手前合わせ」、の「手前」

回転方向が変わる → 馬の歩様が変わる → 手前が変わる

ので「手前変換」ってゆうんですね〜(知らんけど( ´_ゝ`) 


ではでは、まったね〜い


ブログランキングに参加しています ポチッと応援、お願いします





posted by つきいち Rider at 20:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 乗馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月22日

24鞍目 〜あわや落馬!?

まいど! つきいち Riderです🎠

お馬さんは夏の暑さよりも、冬の寒さの方が得意だそうです。
冬毛もっふもふで、確かに冬でもあったかそう


突然ですが、野比のび太くんは斯く言いました。。。
「寒い時はたくさん着ればいいだろ? でも暑い時は裸になったって暑いんだ💢」

寒の戻りに翻弄されているこの頃ですが、夏は裸の馬にも、着衣の人間にも厳しいもの、
この気まぐれのような寒さも、少し楽しんで過ごしてみましょうかね。。。

では、ぼちぼちといってみましょー


(●・ω・)ノ------------start------------


その時事件は起きた💣


今回の相棒のスリーカラー先生は、馬場ではとってもお利口さんです。働き者✨
2018-01-25 13.21.52.jpg

でも馬はもともと繊細で臆病な草食動物でして、聞き慣れない物音などにびびります
仕事どころじゃなくなります

今回のレッスンで同じクラスになったお馬さんが、突如前脚をあげ今にも走りそうになりました。
乗っていた人はなんとかバランスをとって落馬こそしなかったものの、とても怖かったと思います。


原因は、雪はねの音💥
どうも、スコップと地面が「ががが〰〰〰」っと擦れる音が怖かったようなのです。

人間からしたら、プラスチックのスコップとアスファルトが擦れているのだから、
そんな音がするのは当然であって、何も感じません。

でも、馬には何の音だかわからないので、逃げたくなるほど怖かったんでしょうね。

思いもよらぬことが原因で不意にコントロールが効かなくなることを、思い知らされました。

馬から振り落とされそうになったら。。。


馬が暴れそうになったので、先生が無線で雪はねをやめてもらうように指示しました。

おかげで不穏な物音はなくなって、いつも通りレッスンが続きました

ここで先生が、落馬しない方法を話し始めました。転んでもただでは起きない


馬から落ちる時、ほとんどの場合、前に落ちるそうです。
前のめりになって、踏ん張れずにそのまま転がり落ちるイメージかしら…??

なので「あわわっ💦」となったら、馬にしがみついて前のめりになるのは、
余計に落ちやすくなって逆効果なのだそう

とっさの時にはきっと私も馬にしがみつこうとしてしまいそうですが、
前のめり厳禁を、頭の片隅に置いておきたいと思います💡


手前合わせの自動車理論


最後に、今回のレッスンでは、手前合わせについてのお話も聞けました👀

手前合わせをする理由は以前にも書いていました📝
その時の記事では、
 カーブをスピードが出た状態で曲がる時、内側に重心がかたよるので内側の脚に力がかかる
 ↘内側にかかる力を受け止めるのは、力のある後ろ脚の方が馬にとって負担が少ない
 ↘なので、内側の後ろ脚が地面を踏んでいるときに、人も馬の背中に着地してるとよい✌
とのロジックを紹介させてもらいました

今回の「手前合わせ、大事✋」ロジック


この時の先生は手前合わせが必要な理由を「自動車の内輪差」で説明してくれました。斬新

内輪差= 4輪ないしそれ以上の車輪を持つ車両がカーブを曲がる際に、
     回転中心側(=内輪)の前輪と後輪が描く円弧の半径に生じる差のこと。
     または、そのような差が生じる現象のことも指す。
 by wikipedia
まぁ、馬は4本足で走っているので4輪みたいなものなのかもですね(笑)


今回のお話では……
👠 車では生じてしまう内輪差を馬の脚は打ち消そうとする ←NEW‼
 (馬体に対して内側に踏み込んでしまうということ??)
👠 なので、円の内側になっている後肢に負担がかかってしまう ←ここは前の時と一緒
👠 なお、前肢と後肢は、斜め同士(対角線同士)でリンクしている ←これもNEW‼
👠 なので、右前脚が浮いている時に、人間も浮いておいてあげましょう✨ とのこと‼


うん、何だかよくわかんないけど分かった(笑)

説明の仕方には先生の個性が表れますなぁ


ブログランキングに参加しています ポチッと応援、お願いします



↓↓↓日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】
posted by つきいち Rider at 06:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 乗馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月20日

24鞍目 〜鞍の中心で鐙を踏み込む

まいど! つきいち Riderです🎠

3月も半ばに差し掛かり、あったかい日も増えてきましt………

っっっっへっくしょいぃぃ! こんちきしょー

どんな前置きやねんと思いつつ、今日もぼちぼちといってみましょー


(●・ω・)ノ------------start------------


お馬さん紹介; スリーカラー


本日1鞍目の相方は、スリーカラー先生✨
2018-01-25 15.42.12.jpg

「毎度おなじみの子で、今日で4回目の騎乗でした✨✨✨
肉食獣でおなじみの、あの子です ..」
↑「」内、ほぼ以前のこぴぺ(笑)

お馴染みの子のご紹介の時の文章、定型文に登録しとこうかしら


さすがのスリーカラー先生、本日も洗い場で絶好調でした

私のお隣で別の馬の支度をしていたマダムも、

「スリーカラーは洗い場では ごんたくれ やからねぇ💧」

と、噛まれそうになってる私を励ましてくれました

でもそのマダム、ちゃんとお馬さん側のフォローもしてくださいましたよ。

「でも、馬場に出たらええこやねんよねぇ」 と‼

そんな人馬に優しいマダムにこころ救われつつ、今日のレッスンに臨みます✊✨

バランス練習、とは??


今日は初めての「ベーシック バランス練習」なるものに参加しました。

クレイン北さん、これまでは「ベーシックA」とか「ベーシック駈歩B」とか、
騎乗者の習熟度別に分けただけのレッスン枠でした。

でもこの頃では、テーマをつけたレッスンも展開する方針にシフトされたようです💡

まぁ、私は遠いところから通ってて時間帯が限られてるので、自由に選べないのですがね


そんなこんなで、初めての「ベーシック バランス練習」でしたが、
担当の先生にとっても初めてだったようで「さて、何しましょうか??」から始まりました

真ん中の真ん中


とは言っても、さすがは先生。 すぐにあーやこーや講義が始まりました✨

「みなさん、馬の真ん中にちゃんと座ってますか??👀」 と、問いかけががが。

心の声「多分、座ってる…つもりです……え? 真ん中ってどこ? わかりませーーん


先生によると、前後に対する真ん中と、左右に対する真ん中があるよね、と。

前後の真ん中
 鞍つぼの部分。鞍の一番深くなっているところに座りましょうね。
 軽速歩の時は、ここに戻るように心がけましょう。
 前橋(ぜんきょう。「まえばし」じゃないよ)から滑って戻ってくるとよい。

左右の真ん中
 お尻、太もも、鐙(あぶみ)、全てが左右均等に体重がかけられている状態が🆗


ふむふむ、言われると当たり前っぽい感じのことだけど意識してなかったわ
と、勉強になりました

多分、落っこちたくないから無意識にやってそうだけど、意識を向ける/向けないで、
動き方って変わってくるもんね。 これからは意識してみよう✨(余裕があれば

鐙の踏み方


鐙の踏み方も、いろんな先生がいろんな表現で教えてくれますよね👀
今日の先生は「つま先に重心がかかる/かかとに重心がかかる、への対処法」を話してくれました💡

コツは「足の指を伸ばす/曲げる」こと✨

つま先に重心かかっちゃってるなーってひとは「足の指をのばーーす‼」

かかとに〜のひとは「足の指をまげーーる‼」と、重心の微調整ができるとのこと。

これね、効果てきめん


私自身、乗っている間に鐙がずれちゃうことがちょいちょいあります。
鐙に体重をしっかりかけられてないから、かぱかぱ浮いちゃうんですよね。。。

わかっちゃいるけど、どうしようもない(笑)

鐙を、体重をかけてしっかり踏み込めるように、つま先まで意識を向けたいと思います

ではでは、まったねーーい


ブログランキングに参加しています ポチッと応援、お願いします


↓↓↓日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】



posted by つきいち Rider at 21:27| 大阪 ☔| Comment(0) | 乗馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする